【夫婦関係】焦って決めるな!結婚の失敗例④

こんばんは。夫です( ̄︶ ̄)今日は

【夫婦関係】焦って決めるな!結婚の失敗例

の、4つ目のお話をしたいと思います。

これはとあるお金の勉強YouTubeでのお話を参考にしております。

「結婚と企業買収に共通する失敗例ザ・ベストファイブ」といるタイトルですが、

この失敗例がそのまま結婚の失敗例そのものだと思いましたので、紹介していきたいと思います。

ただしこの参照元すべてをそのまま伝えるのではなく、自分が共感できたものを、自分の言葉と体験談を交えて、お伝えしていきたいと思います。

 

独身の方は、「結婚で失敗は嫌だし、勉強しておこう」既婚の方は、「最近パートナーに嫌な思いさせてないかな?」「知り合いが結婚するらしいけど、アドバイスとして参考にしようかな」

という観点でご覧いただければと思います。

 

ひとつ誤解を恐れずに言うのであれば、離婚は悪いものだとは思いません

一度結婚して「失敗した!」と思ったなら、すぐ離婚すれば良いのです。

パートナーからのDV、暴力、嫌がらせ行為といったものがあれば無理に我慢する必要もないです。

そこまででなくても、生活に息苦しさがある・こんなはずじゃなかった・どうにも環境への変化に耐えられないと言った場合、「お互いが成長するため」にも、別れがあってもいいとは思います。

 

とは言え、幸せになりたいと願って結婚したもの同士が末永く幸せに仲良く暮らしていけることに越したことはないと思うので、必要ない失敗を避けるためにも参考にしていただければと思います^_^

 

それでは結論であるベストファイブを紹介します。

今日は第2位の紹介です。

 

それは...

 

3.思っていたより莫大な結婚費用がかかる

これについて解説していきます

 

思っていたより莫大な結婚費用がかかる

 

僕も経験しましたが、結婚費用はなかなか費やしました。

特に当初の見積もりは当てにならないのが結婚式費用ですね💸

あれよあれよとプランナーさんから話を進められ、「良い式にしましょうね~😊」とか言われてグレードを上げられていった時はさすがに夫婦2人で黙り込んだ記憶があります😅

ちなみに結婚式費用の平均額は約200万円、新婚旅行費用平均額は約70万円(お土産代10万円含む)、新生活準備費用が約50万円、合計で約320万円になるそうです(出典:ゼクシィ調べ)

そして新婚さんの平均貯金額は323.8万円とのことなので、結婚で貯金は無くなるということが起こり得ます。

ちなみに自分の経験では、

結婚式費用・・・・・・・・・・約110万円(会費徴収分含む)

婚約・結婚指輪・・・・・・・・約50万円

新婚旅行費用・・・・・・・・・約60万円

新居費用(賃貸アパート)・・・約30万円

新車購入費用・・・・・・・・・約200万円

約450万円使いました💸

絵文字のとおり、お金が羽をつけて飛んでいく感覚でした😱

親の援助もありましたが、妻のお母さんから家具・家電費用を含む約200万円と、自分の母親から約30万円の貯金を頂きました。

自分の貯蓄でなんとかしようと思ってたので、こういった援助は本当にありがたかったです😭

 

これから結婚するお知り合いの方がいらっしゃれば、このお話を是非ともしてあげてほしいなと思います。

 

といったところで、今回のお話を終わりたいと思います。

次回は第1位について解説します。ご覧いただき、ありがとうございました(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA